まささんの部屋



各衛星放送の番組(編成表)は epg 編成表ホームページ、 サテライトマガジン等誌面等や、
世界の外国衛星受信愛好家のWebサイト LyngSat 等で、最新の情報を
入手する事ができます。

 ハマーズ
 衛星位置計算表

他のサイトで調べる
ミ ニ 解 説

受信点の北緯・東経・偏西角・海抜、衛星の東経から方位角・仰角・磁北を算出してみる。
偏西角 ⇒ 磁北と真北のずれ。日本では西よりに2〜9°傾いている。
方位角 ⇒ 北から時計回りの角度。北0度、東90度、南180度、西270度。
仰  角 ⇒ 仰角(ぎょうかく)とは受信地点から衛星を見上げた角度。垂直天空方向が90度。真横は0度。
磁  北 ⇒方位磁石の磁針が指す北(0度)。磁石での南(180度)・西(270度)。

パラボラアンテナ
          ⇒ 衛星放送などの受信に使われるお椀型の指向性アンテナで、電波を一定方向に集中
              して送受信できる。パラボラアンテナは構造により、次の2種類に分類されます。
               1) センターフィードアンテナ : パラボラの電波受信部(LNBF)が、お皿の中心にあるもの。
               2) オフセットアンテナ       : パラボラの電波受信部(LNBF)が、お皿の中心より下にあるもの。
チューナー
          ⇒ 衛星放送などを受信するための機器で、IRDとも呼ばれます。
IRD:(Integrated Receiver/Decoder)
          ⇒ 主に信号を受信するチューナー部と受信した信号を復号化するデコード部から構成さ
              れ、スクランブルされた信号を元に戻すデ・スクランブル機能も持っています。
ケーブルテレビ:CATV(Community Antenna Television)
          ⇒ 放送局と各家庭を同軸ケーブルや光ケーブルで結ぶ有線テレビ放送のこと
2.衛星放送でどこの国のどんな番組を見ることができるんですか?


例えば、コリアサット5・3号(Koreasat:ムグンファ:無窮花)では、韓国 KBS・MBC・SBS等の放送が見れます。又、アジアサット2号(Asiasat2)・アジアサット3S(Asiasat3S)では、沢山の中国語放送の他に、モンゴル語、アラビヤ語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語等の放送が見れます。 インテルサット8(Intelsat8:元PAS8)では、NHKの国際テレビ放送「NHKワールド」、韓国YTN、韓国Arirang TV 、イギリスBBCワールド、オーストラリアABC等も見れみます。
海外衛星放送から放送される、ニュース、ドラマ、音楽、サッカー等のスポーツ中継等のような娯楽はもちろん、言語教育、社会や経済活動の情報等、いろいろな目的に利用されている番組を見ることができ “情報は力”を 実感できます。
テレビだけでなく、世界各国のラジオ番組も衛星から受信可能です。テレビと基本的に同じ受信設備で、世界のニュース、音楽等を同時に共有しながら 楽しむことができます。



   1.衛星放送受信の主な特長とは?   衛星放送とはどういうものですか?

   2.衛星放送でどこの国の言語でどんな番組を見ることができるんですか

   3.衛星放送はどうしたら見ることができるんですか?

   4.衛星放送を直接受信するためにはどんな設備が必要ですか?

   5.衛星放送受信設備を用意する際はどんな注意が必要ですか?

   6.衛星放送のチャンネルや周波数の変更はありますか?   


Back
Back
他のサイトで調べる
ミ ニ 解 説
システック

Back


衛星放送受信の主な特長として、次のようなことがあげられます。
 
     何といっても無料で、海外衛星放送を直接受信・視聴できるのがうれしいです
   
 衛星放送受信そのものを楽しむ(珍しい放送の受信の存在をつかむ)
   
 語学学習のため海外放送を受信して、語学力を高める
   
 海外のスポーツ番組をリアルタイムで観戦し、ビデオ放送では得られない楽しみを 得る
   
 海外から来た日本在住の方が祖国の放送を直に視聴して楽しむ
   
 海外で暮す在留邦人が祖国の放送を楽しむ
   
 その他のお楽しみ方法を メールでご連絡ねがいます


衛星放送とは 静止軌道上の放送衛星( BS )および通信衛星( CS )が、地上局からの放送電波を受け、これを増幅して一般視聴者に直接送り 届ける方式の放送。 BS と CS は日本の法律に基づいた独自の事業区分によるもので、諸外国にはない区分。海外衛星放送を、受信するためには、海外衛星専用チューナー、専用受信コンバーター(LNBF)、電波強度に適合した大きさのアンテナ等の受信条件さえ整えば、海外の衛星放送を家庭で受信することができます。
楽しい衛星受信入門
ホ ― ム
衛星地球
ご来店誠に有難うございます。衛星放送を楽しんで頂く製品類を設計・製造し皆様のお役に立つべく研鑚・努力して行きます。ご声援宜しくお願い致します。 (有)あい工房
他のサイトで調べる
ミ ニ 解 説
3.衛星放送はどうしたら見ることができるんですか?

◎ 衛星放送を見るためには次の2つの方法があります。
1.専用の パラボラアンテナチューナーを設置して衛星からの電波を直接受信する。
2.ケーブルテレビ ( CATV )に加入して、配信される番組で見る。但し、お住まいがケーブルテレビのサービスエ
    リアであることと、見ることができる番組はケーブルテレビからの配信番組のみです。 ( このサイトでは直接受信す
    ることを主体としておりますので、CATV については他のサイトを参照してください)
製品紹介
Back
検査センター
設置工事
受信Q&A
お問合せ
楽 し い 衛 星 放 送 ・  受 信 入 門
1.衛星放送の主な特徴とは?   衛星放送とはどういうものですか?

放送衛星:BS ( Broadcasting Satellite )    例:NHK BS1,2,Hi、 BS日テレ、WOWOW等
          ⇒ 家庭で直接受信することを前提とした送信出力の大きい衛星
通信衛星:CS ( Communications Satellite )    例:スカパー等
          ⇒ 企業間通信などの特定された相手に情報を送る目的の通信で、送信出力も小さい

海外衛星テレビ受信 at 倉敷
他のサイトで調べる
ミ ニ 解 説
法人名 : 有限会社  あい工房
住   所 : 〒731-5101  広島市佐伯区五月が丘1-13-38
電   話 : 082-941-7771          FAX : 082-941-7770
Email   : info@aikoubou.co.jp      又は、    あい工房 ウエブメールページ    へ
衛星放送受信・機器・設備のお求め・設置工事等のご相談はメールでお願い申し上げます
ホーム 製品紹介 設置工事 検査センター 受信Q&A
たのしい衛星入門 アンテナ施工術 ご利用上のご注意 お問合せ
スペアナ活用術 リンクについて リンク集 メール

Copyright (C) 2006 Aikoubou Hiroshima All Rights Reserved .

6. 衛星放送のチャンネルや周波数の変更はありますか?

衛星放送は国をまたがり電波が届くので、打ち上げて放送開始後いろいろと不都合が起きることが時々おこり、周波数やチャンネルの変更も時々行なわれます。 放送用衛星は、このような場合に備えて地上からのリモートコントロールで、チャンネルや周波数を変更できるようになっております。 変更が実施された場合、今まで見ていた番組が突然視聴できなくなり、チューナーの設定を変更しなければいけなくなります。以前  KBSが 11.747 GHz から 11.862 GHzに変更になりました。最近では
2006年5月初旬  インテルサット8(元PAS8) NHK ワールドのSR(シンボルレート)が変更になり設置先NQX様宅で“冷汗”をかきました。 また、アンテナは、経年変化や台風・強風や人為的接触や衝撃により位置がずれることが多く、写りが悪くなったり、 全く写らなくなることがありますので、時々アンテナの方向を調整することも必要となります。 国際放送等のサイト 「KAYS」でも紹介して頂いております。
従って、ご自分でチャンネルや周波数の情報を入手して設定変更できたり、アンテナの方向を調整できる方は別として多くの方は購入店等に依頼することになりますが、なかなかアフターサービスが行き届かないことが多いようです。
あい工房では、KBSの周波数変更に合わせて、ご購入いただいたお客様全てにチューナーの周波数設定変更とアンテナの調整を行なわせていただきました。お近くでアフターサービスを行なっている取扱店に、お願いするほうが長く安心して衛星放送の受信を楽しむことができます。
あい工房は 海外衛星放送受信入門から、マニアまでの幅広い情報サイトを  画像も豊富に掲載し ご案内して行きます。
海外衛星放送・衛星放送受信機器の販売と工事メンテナンス 及び 各種衛星放送受信に必要な機器を 輸入品に頼らないで 信頼ある電子部品・アイディア機器の開発・製造を 目指しております。 『こんな商品があれば』等のアイディア等大歓迎です。メールでご教授下されば幸いに存じます。
衛 星 の 方 向 の 障 害 物 の 例   アンテナの設置場所
  左図のように、衛星のある
  西南方向の斜め上方に障
  害物 (樹木,軒先,ビル,
  高架道路,崖等)のない場
  所に設置することが 必要
  です。
5.衛星放送受信設備を用意する際はどんな注意が必要ですか?
◎衛星放送を受信してみたいと思った場合は、受信設備を用意する前に次のような事項に注意されると良いでしょう。
1.受信してみたい衛星放送の存在や、その受信状況、放送内容、スクランブルの有無、有料無料を含めていろいろな情報をインターネット
  (本サイトや本サイトのリンクページにあるサイト等を参照)や、情報誌、雑誌等を入手してつかんで受信したいターゲットの情報をきちんと
  把握しておく。
2.ご自分のお住まいから、衛星放送の電波が受信できるかどうかを、対象衛星の方位角・磁北角・仰角を算出した衛星の方向に 障害物
  (下図参照)がなく、パラボラアンテナを設置できる場所であるかを調査して受信できることを把握しておく。
3.お住まいの場所で受信可能なアンテナサイズを調査しワンランク大き目のサイズを計画します。アンテナサイズを大きくしますと降雨時や
  衛星からの電波強度が低下した場合でももストレス無く視聴できます。例として当地広島でコリアサット5号(Koreasat5)を受信できるアン
  テナ最小サイズは75cmですが 90cmにされると 雨天時でも安定して受信できます。
4.目的の衛星と周波数を明確にした上で、必要となる機材のリストを用意する。
5.インターネットショップやご近所のホームセンター等で必要機材を入手して用意する。 特に留意する部品は 受信性能に直接響くLNBFです。
  通信・FA技術に基づいて、アンテナとの整合性が良く さらに 実際に衛星電波を受信し 確認した確実なLNBFを お届けしております。
Back
C バンド用 アンテナ・LNBF
180cm C band用アンテナ
Ku バンド用  アンテナ・LNBF
80cmオフセットアンテナ・2衛星同時受信
4.衛星放送を直接受信するためにはどんな設備が必要ですか?

■デジタル衛星放送受信機
海外衛星衛星放送のチャンネルに合った専用のチューナーが必要です。デジタル放送と
アナログ は放送方式が異なります。 しかし時代の趨勢としては、デジタル放送が主役と
なっております。 実績豊富なシステック製 SDR-1000RMk2をお奨めします。

■アンテナ・LNBF
視聴する衛星により Kuバンド用と Cバンド用の二種類があります。コリアサット5・コリアサット3の
場合はKuバンド用のLNBFを使用しますので 通常オフセットアンテナを使用します。 一方
アジアサット3S・インテルサット8(元PAS8)衛星等の場合は Cバンド用LNBFとセンターフィード
アンテナを使用します。
■ケーブル
アンテナで集められた電波は LNBFで周波数変換され 約1〜2GHzの中間周波数になり 
ケーブルを通じてチューナに電送されます。ケーブルには 2GHz近辺でも電送損失が
比較的少ない型番 S5CFB 以上の低損失75Ωケーブルを 使用します。   
(安価なケーブルの場合はケーブルに印刷されている型番を確認して購入します)

■取付ポール・埋設工事方法
アンテナを取付けするポールは 強風や台風・雪荷重に耐える強度が要求されます。
アンテナサイズが大きくなるに従いポール径も太くします。 例えばアンテナサイズ75
〜90cmの場合は 直径50mm鋼管とし Cバンド用160〜180cmの場合は直径
76mm鋼管を使用します。鋼管を地中に埋設する場合 地上高に応じた地中埋設方法が必要になります。
詳細は当H.P『設置工事』・受信Q&A・ノウハウ技術シート等をご参照願います。