Q  180cmのアンテナを使用してイタリアのテレビを見る方法を教えてください? (奈良県大和郡山市の方から)
  A  あい工房からのアドバイス 目次へ戻る

   【受信衛星:アジアサットサット 2(AsiaSat 2) 100.5°E】
    海外衛星放送 アジアサットサット 2(AsiaSat 2)で放送されている
    RAI International 3(イタリア語放送)を、180cmアンテナで簡単・良好に受信
    できます。AsiaSat 2 (アジアサットサット 2) で 受信・視聴できた
    32チャンネル全画像を 次のサイトで紹介しています。
    受信周波数(Freq.)4000H(4,000MHz=4.000GHz H=水平波=18Volt)
    SR(シンボルレイト=Symbol Rate=28.125 Msps)に設定します。
    広島では 磁北:234.6°仰角:37.6°にアンテナを合わせると受信できます。
 
   【角度測定器を使って アジアサットサット 2(AsiaSat 2) の仰角調整】
    広島では 仰角:37.6°にアンテナを合わせます。まずアンテナの仰角が
    0.0°(アンテナ垂直) 時 保持金具の角度(オフセット角度)を マグネット付
    気泡型角度測定器(スラントレベル:Slant Level)で測定します。本写真例で
    オフセット角度は 9.1°でした。次にレベル計が 46.7°(37.6 + 9.1)の値に
    なるまでアンテナ仰角調整ナットを回します。ほとんど誤差なく所要の仰角が
    簡単に設定できます。(株)エビスのスラントレベルED-20PSLMBをホームセン
    タで入手(¥1,450)し使ってみて Cバンド仰角調整が実に快適にできます。
 
   【アジアサットサット 2(AsiaSat 2)100.5°LNB 偏波角調整】
    日本の経緯度原点は 東京都港区麻布台2丁目18番1にあるそうです。
    (東経139度44分)受信地点における地面と衛星電波の偏波面との傾きであ
    る偏波角の調整が Cバンドの受信において特に重要です。磁北(じほく)→
    仰角(ぎょうかく)→偏波角(へんぱかく)と調整します。アジアサットサット2は
    東経:100.5°なのでシンガポール辺りの西方にいます。西方向の衛星なので
    LNBの型式により異なりますが先端部が時計の10時の方向、ケーブル接続
    部の下端部が 時計の4時の方向付近で レベルを見ながら調整します。
 
ホーム 製品紹介 設置工事 検査センター 受信Q&A
たのしい衛星放送 アンテナ施工術 ご利用上のご注意 お問合せ
スペアナ活用術 リンクについて リンク集 メール 

Copyright (C) 2006 Aikoubou Hiroshima All Rights Reserved .

衛星放送受信・機器・設備のお求め・設置工事等のご相談はメールでお願い申し上げます
法人名 : 有限会社  あい工房
住   所 : 〒731-5101  広島市佐伯区五月が丘1-13-38
電   話 : 082-941-7771          FAX : 082-941-7770
Email   : info@aikoubou.co.jp      又は、    あい工房 ウエブメールページ    へ
衛星 地球